靭帯損傷で、ギプスは巻いたほうがいいですか?

靭帯損傷で、ギプスは巻いたほうがいいですか?

靭帯損傷で、ギプスは巻いたほうがいいですか?

 

軽度の靭帯損傷では、
ギプスを巻くことはありませんが、
重症のものには巻くことが多いですよ。

 

各種靭帯断裂であったり、
膝の靭帯など大きな靭帯の治療に、
ギプスが使用されることはありますよ。

 

 

手術した後に巻くことが多いですが、
手術しなくても巻くこともありますよ。

 

靭帯損傷は、

 

靭帯が伸びてしまったもの、
部分断裂になっているもの、
完全に断裂してしまったもの、

 

にレベルが分けられています。

 

 

部分断裂より上のレベルには、
ギプスが巻かれることがあります。

 

完全に断裂してしまった場合には、
手術で再建するしかありませんが、
部分断裂では自然修復することもあります。

 

ギプスでガッチリ固定すると、
自然に修復されることがあります。

 

アキレス腱は、
厳密には靭帯ではありませんが、
手術せずに固定で修復されることもあります。

 

 

どのレベルの症状になっているのか、
どんな状態になっているのかで、
ギプスの使用は変わってきます。

 

巻かれる時点で、
相当ダメージが大きいです。

 

 

ギプスを巻いた患者さんは、
確実にリハビリを行ってくださいね。

 

靭帯が固まっているだけでなく、
筋肉も動かしにくくなっているので、
リハビリしないと生活に支障をきたします。

 

関節以外の部分に痛みを引き起こす、
大きな原因になるので要注意です。

靭帯損傷でお困りの方へ