靭帯損傷で、「異常なし」と言われた場合、どうすれば?

靭帯損傷で、「異常なし」と言われた場合、どうすれば?

靭帯損傷で、「異常なし」と言われた場合、どうすれば?

 

靭帯損傷が発生しているのに、
異常なしと言われてしまうことがあります。

 

靭帯損傷が発生している段階で、
かなり重傷な状態なのですが、
それでも異常なしと言われることがあります。

 

医療として、残念な診断だと思います。

 

 

靭帯損傷のことを軽く見ている、
そんな医療者は残念ながら存在します。

 

お医者さんにもいらっしゃいますし、
僕達、治療家の中にもいます。

 

断裂しているレベルの靭帯損傷なら、
しっかりと治療してくれるところが多いですが、
ちょっとしたレベルのものは甘く見られています。

 

 

実際には、どのレベルの靭帯損傷であっても、
しっかり改善しない限り、症状は残ります。

 

また、再発してしまったり、
変形や慢性化にもつながるので、
しっかり改善する必要があります。

 

それなのに、医療者側が甘く見ていて、
結果的に、慢性化が発生することがあります。

 

 

痛みが強いにもかかわらず「異常なし」と
診断されてしまった場合には、
セカンドオピニオンを活用すると良いですね。

 

別の医療機関や治療院を受診して、
治療を受けることをオススメします。

 

通院する院によって、
治療内容も効果も大きく変化するので、
別の院を受診することをおすすめいたします。

靭帯損傷でお困りの方へ