靭帯損傷に、冷湿布や温湿布は有効ですか?

靭帯損傷に、冷湿布や温湿布は有効ですか?

靭帯損傷に、冷湿布や温湿布は有効ですか?

 

靭帯損傷した場合、
湿布は有効に働きます。

 

痛みを軽減する効果があるので、
貼り付けておくだけでも効果はあります。

 

 

冷湿布と温湿布、
どちらを使用すべきか、
と患者さんにしょっちゅう聞かれます。

 

これは、どちらでも構いません。

 

 

冷湿布は、冷えを感じる神経の能力を、
温湿布は、温かさを感じる神経の能力を、
それぞれ向上させる成分が入っています。

 

冷たい、温かいと感じたとしても、
実際には温度に変化がない場合があります。

 

湿布の中でも「冷却材」と書いてあるものは、
実際に体温を下げる効果がありますから、
怪我の直後は冷却材を利用するといいですね。

 

 

靭帯損傷は、ダメージが大きい怪我ですから、
間違いなく炎症が発生しています。

 

この時、冷却成分の強い湿布を使用すると、
炎症を最小限に抑えることができ、
強い痛みを抑えることができますよ。

 

温湿布は、かぶれも激しいですし、
靭帯損傷には適していないと思います。

 

 

また、湿布の中に含まれている
鎮痛成分のほうが重要になります。

 

どのような成分が入っているかで、
痛みを取り除く効果が変わります。

 

僕のところでは、漢方薬が配合された
肌に優しい湿布を使用していますが、
とても効果があると思います。

 

適切なものを利用してくださいね。

靭帯損傷でお困りの方へ