靭帯損傷に、グルコサミン・コンドロイチンは有効ですか?

靭帯損傷に、グルコサミン・コンドロイチンは有効ですか?

靭帯損傷に、グルコサミン・コンドロイチンは有効ですか?

 

靭帯損傷に対して、
グルコサミンやコンドロイチンは
有効に働くことが多いですよ。

 

お薬ではありませんから、
劇的に効果があるわけではありません。

 

でも、靭帯の原材料になる成分なので、
そもそも体内に不十分になっていると、
回復能力が急激に低下します。

 

 

僕達、プロの治療家というのは、
患者さんの回復能力を高めるお仕事です。

 

直接的に痛みを消すこともありますが、
基本的には、患者さんの修復能力を高めて、
患者さん自身で治すのを手助けします。

 

 

人間の体の中には、
傷ついた部分を修復する
大工さんのような細胞がいます。

 

僕達治療家は、この大工さんの能力をアップさせたり、
身体中に分散している大工さんを
怪我をしている部分に集めることを行います。

 

この時、食事量が十分な方は、
大工さんが修復する時に必要となる、
痛みを回復する材料が足りた状態です。

 

 

食事量が不十分な方や、
相当、激しい症状が出ている方は、
修復する材料が足りないんですね。

 

材料が足りなければ、
大工さんがどれだけいたとしても、
そもそも役不足になってしまいます。

 

この材料として働くのが、
グルコサミンやコンドロイチンです。

 

積極的に摂取するのと同時に、
治療を受けることをオススメします。

靭帯損傷でお困りの方へ