靭帯損傷と、膠原病は関係ありますか?

靭帯損傷と、膠原病は関係ありますか?

靭帯損傷と、膠原病は関係ありますか?

 

膠原病は、関節に負担を与えることがあります。

 

もともと存在している靭帯損傷を
急激に悪化させる可能性があります。

 

また、動きにくくなってしまうことによって、
靭帯に負担を与えるようになり、
靭帯損傷を引き起こすきっかけにもなります。

 

 

僕のところには、
膠原病の患者さんが数多くいらしています。

 

残念ながら、治療院や接骨院では、
膠原病は一切改善することはできません。

 

膠原病がきっかけになって、
さまざまな怪我が引き起こされやすくなるので、
こうした怪我の治療を行っています。

 

 

症状の大きさは大小ありますが、
とてもツライ症状だと思います。

 

改善されるケースもありますが、
難病指定されているようなものも多く、
非常に厄介な病気だと言えます。

 

患者さんにアドバイスしているのは、
腸内環境を整えることです。

 

 

膠原病は、現在のところ免疫系等の異常で、
原因不明の病気とされています。

 

一方で、諸外国の論文を読んでいると、
腸内フローラが関係していて、
腸内環境の悪化が関係しているとされています。

 

全ての方が、腸内環境が関係している訳ではないと思いますが、
免疫には、間違いなく腸が関係していますから、
腸内環境を整えることは重要だと思います。

 

あくまでもアドバイスでしかありませんが、
試してみるといいかもしれませんね。

靭帯損傷でお困りの方へ