靭帯損傷と、痛風は関係ありますか?

靭帯損傷と、痛風は関係ありますか?

靭帯損傷と、痛風は関係ありますか?

 

痛風の症状が拡大すると、
靭帯に負担が入りますよ。

 

痛風が直接、靭帯損傷を起こすことは無いですが、
痛風がきっかけとなって、
靭帯損傷が発生する事はあります。

 

痛風は、特に足の親指に負担を与えますが、
親指の激痛をかばうために、
体の動き方が変化するようになります。

 

不自由な感じに動くようになるというか、
スムーズではない状態になってしまいます。

 

 

すると体の動かし方が不自然になり、
さまざまな関節に負担が入ります。

 

この状態でも痛みは出るようになりますが、
ここから急激な動きを行うことによって、
靭帯損傷が発生しやすくなります。

 

痛風の痛みをかばうことによって、
靭帯損傷が発生してしまいます。

 

 

強烈なダメージが入ることで、
靭帯への負担が大きくなります。

 

痛風は、特に全身に影響を及ぼしやすいので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

しっかりと治療していかなければ、
靭帯損傷どころか命にも関わることがある、
とても厄介な病気ですのでご注意くださいね。

 

 

また、足の親指だけでなく、
全身の関節に痛風の成分が移動して、
結晶が関節に刺さることがありますよ。

 

しっかりとしたケアが必要になります。

靭帯損傷でお困りの方へ