靭帯損傷と、ガングリオンは関係ありますか?

靭帯損傷と、ガングリオンは関係ありますか?

靭帯損傷と、ガングリオンは関係ありますか?

 

靭帯損傷している患者さんに、
ガングリオンが発生する事がありますよ。

 

ガングリオンは手首に発生する事が多いので、
手首を捻挫した患者さんに発生する事があります。

 

基本的には、自然発生する症状で、
知らないうちに発生することがあるものです。

 

でも、強烈な靭帯損傷を負ってしまうことで、
手首に負担が入るようになり、
ボコンとガングリオンが飛び出してきます。

 

 

ガングリオンは、脂肪の塊、
ゼリーのようなものが関節に貯まるものです。

 

ボコンと膨らんできて、
痛みを出すこともありますし、
まったく痛みを出さないこともあります。

 

痛みが出ていなければ問題ありませんが、
痛みが出ているようなら摘出するといいですね。

 

外科の先生の治療範囲ですから、
外科で治療を受けることをオススメします。

 

注射器でズブっと抜いてくれるので、
すぐに症状は回復していきます。

 

 

靭帯損傷に影響をあたえることは少ないですが、
痛みが出てしまっているようなら、抜くといいですね。

 

自分自身、ガングリオンが出たことがありますが、
手首に痛みが出たので抜いてもらいました。

 

接骨院や治療院での治療ではなく、
外科での治療が必要になるので、
外科で治療を受けることをオススメします。

靭帯損傷でお困りの方へ