靭帯損傷は、猫背・姿勢の悪さと関係ありますか?

靭帯損傷は、猫背・姿勢の悪さと関係ありますか?

靭帯損傷は、猫背・姿勢の悪さと関係ありますか?

 

靭帯損傷は、猫背や姿勢の悪さによって
悪化することがあるのでご注意ください。

 

猫背や姿勢の悪い状態は、
体のバランスが崩れています。

 

普通に生活していても、
さまざまな症状が引き起こされます。

 

 

姿勢が悪いということは、
カラダはスムーズに動かせていない状態です。

 

関節や筋肉の位置が、
本来とは異なる部分に移動してしまって、
さまざまな弊害が出るようになってしまいます。

 

関節をスムーズに動かせなくなり、
筋肉にも負担が入ってしまいます。

 

同時に血行不良なども起こしやすいので、
回復力が低下することも多いですよ。

 

靭帯損傷も、回復しにくくなります。

 

 

また、変な姿勢をしているということは、
カラダの動かし方も変な状態になっています。

 

本人は「自然」に動かしていると思っていても、
実際には「負担」になる動きをしていて、
次第に症状が出てくることがありますよ。

 

強い症状が引き起こされることもあるので、
姿勢の改善は重要となります。

 

五十肩やスポーツ障害などの、
細かい靭帯損傷は
姿勢と深い関係性があります。

 

姿勢が悪い方ほど怪我をしやすいので、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ