靭帯損傷は、重い物は持たないほうがいいですか?

靭帯損傷は、重い物は持たないほうがいいですか?

靭帯損傷は、重い物は持たないほうがいいですか?

 

靭帯損傷は、
重たいものを持つことによって
症状が激しくなることがありますよ。

 

そもそも、ぎっくり腰や寝違えなど、
急激に日常生活で発生する痛みも
靭帯損傷の一種です。

 

重たいものを持つことによって、
これらの怪我は発生しやすいです。

 

 

膝や肘など、細かい関節に対して
原因となることはありませんが、
症状を増幅させる可能性はありますね。

 

重たいものを持つためには、
関節をがっちり固定する必要があります。

 

関節を固定するためには、
靭帯を固定する必要がありますので、
靭帯をギュッと固めていくんですね。

 

このとき、靭帯損傷している部分にも
大きな負担が入るようになり
とても強い症状に進行していきます。

 

怪我をしている部分に対して、
大きな負担となるケースが多いです。

 

 

サポーターを利用することもおすすめですし、
コルセットなども重要ですね。

 

靭帯の代わりに固定できる道具を利用して、
負担を最小限に抑えることが重要です。

 

痛みが出すぎることが多いですから、
痛みを軽減させるテクニックが必要です。

 

サポーターは、重たいものを持ち上げる方に
特に利用していただきたいと思います。

 

症状が完全に変化しますので、
購入しておいてくださいね。

靭帯損傷でお困りの方へ