靭帯損傷は、使い過ぎですか?続けると悪化しますか?

靭帯損傷は、使い過ぎですか?続けると悪化しますか?

靭帯損傷は、使い過ぎですか?続けると悪化しますか?

 

靭帯損傷している部分を
さらに使いすぎてしまうと
症状が悪化することがありますよ。

 

もともと大きな痛みが出ていますから、
使おうと思っても、使えないことが多いです。

 

でもプロスポーツ選手のように、
怪我をしていても隠してしまうような方だと、
テーピングなどを行って強引に使うケースも有ります。

 

プロレスラーの患者さんなど、
コスチュームの下はテーピングだらけで、
グルグル巻きになっている方も多いですよ。

 

 

また、使いすぎが原因となって、
靭帯損傷する場合もあります。

 

野球肘やランナー膝といった、
靭帯にダメージが入る怪我があります。

 

こうした怪我も靭帯損傷の一種で、
とても痛みが強いと思います。

 

何度も繰り返し動かし続けていることで、
靭帯にコツコツとダメージが蓄積し、
大きな症状に変化していきます。

 

使いすぎることは、
靭帯にとってはあまり良くありません。

 

 

怪我をしている場合、
靭帯損傷が発生している場合は、
安静にしておくことが必要になります。

 

動かして痛みが出るような状態、
動かそうと思っても動かせないような状態では、
本来であれば、安静にしていただきたいですね。

 

よほど重要な大会があるなどでなければ、
スポーツなども避けていただきたいです。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ