靭帯損傷は、交通事故と関係ありますか?

靭帯損傷は、交通事故と関係ありますか?

靭帯損傷は、交通事故と関係ありますか?

 

交通事故によって靭帯損傷することもありますし、
もともとの靭帯損傷が悪化することもあります。

 

交通事故は、とても強烈なダメージを加えるので、
全身にさまざまな症状を引き起こします。

 

靭帯が切れてしまうくらい、
強烈な交通事故もあります。

 

 

ムチ打ちや腰痛が発生しやすいですが、
他の部分に対しても大きな衝撃を加えます。

 

ハンドルを強く握っていたとしたら、
手首の靭帯損傷の原因となります。

 

フットレストに足を載せていると、
足首の靭帯損傷の原因となります。

 

どのような姿勢で交通事故になったか、
どのような感じで衝突されたか、
これによって症状が変化します。

 

手術が必要になる場合もありますし、
相当強い症状になることも多いです。

 

 

最近まで来てくれていた患者さんで、
2年ほど治療がかかった患者さんがいます。

 

原付きに乗っていたところ、
大型トラックに巻き込まれてしまい、
1ヶ月位意識不明の重体になってしまった方です。

 

全身の靭帯損傷が発生していて、
ボロボロになってしまっていました。

 

幸いにして、
命を落とすことはありませんでしたが、
とてつもない症状が全身に残されました。

 

ここまで大きな交通事故の患者さんが
来院されることは少ないですが、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ