靭帯損傷は、ストレスと関係ありますか?

靭帯損傷は、ストレスと関係ありますか?

靭帯損傷は、ストレスと関係ありますか?

 

靭帯損傷が発生した場合、
ストレスに注意したほうが良いですよ。

 

ストレスが溜まってしまうと、
全身の筋肉と関節が固まります。

 

筋肉と関節が固まってしまえば、
自然と靭帯に負担が入る様になり、
強い症状を引き起こすようになります。

 

 

もともと、ストレスというのは、
自分の身を守る自己防衛反応の一つです。

 

外敵から身を守るために、
ストレスを感じたら一気に体を興奮させて、
相手に攻撃できるようにさせる現象です。

 

体は動きやすくなりますが、
何度もストレスを受け続けてしまうと、
関節に大ダメージを与えてしまいますよ。

 

 

不平不満しか言わない患者さん、
恐怖心や不安なことしか言わない患者さん、
無意味に起こり続けている患者さんは、

 

何を行っても改善されません。

 

 

自分で自分を攻撃している、
自分で自分にストレスを与えている状態なので、
知らないうちに回復力が激減していきます。

 

口から出る言葉も、
頭のなかで考えていることも、
すべて自分の体に返ってきます。

 

ストレスフルな世の中になってきていますが、
考え方はとても重要になりますよ。

 

ストレスはしっかりと発散していって、
他の人に影響を与えないように気をつけてください。

 

他の人に影響を与えると、
間違いなく自分自身に跳ね返ってくるので。

靭帯損傷でお困りの方へ