靭帯損傷と、寝相の悪さは関係ありますか?

靭帯損傷と、寝相の悪さは関係ありますか?

靭帯損傷と、寝相の悪さは関係ありますか?

 

靭帯損傷は、
寝相が悪すぎると
悪化することがありますよ。

 

自然に発生する寝相の悪さは、
あまり症状を悪化させることはありません。

 

でも、重たい布団をかけていたり、
肌に合わないパジャマなどを着ていると、
強引に体が動いてしまい、悪化する事があります。

 

 

人間の体は、夜寝ている間に、
熱や汗を放散するようにできています。

 

寝ている間に大量に汗をかいたり、
体に熱が溜まったりしますが、
それを放散するために寝返りをうちます。

 

重すぎる寝具を使用していると、
汗をどんどんかく様になり、
激しく寝返りをうつようになります。

 

激しく寝返りをうてばうつほど、
靭帯損傷にダメージを加えてしまいます。

 

 

また深く眠れなくなってしまうので、
体の回復力も低下してしまいます。

 

知らないうちに回復力が落ちて、
靭帯を回復しきれなくなりますよ。

 

 

眠っている時の環境はとても重要ですから、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

光が付いているような環境だったり、
パソコンやスマホを見すぎていたりすると
激しく動いてしまうようになります。

 

こうした状況も悪化させる原因ですから、
気をつけていただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ