靭帯損傷は、神経痛ですか?

靭帯損傷は、神経痛ですか?

靭帯損傷は、神経痛ですか?

 

靭帯損傷は、神経痛ではありませんが、
神経痛が引き起こされることはあります。

 

どこの部分を怪我したかにもよりますが、
上半身、下半身ともに神経痛は発生します。

 

 

腕全体がしびれることもあるし、
坐骨神経痛のように下半身全体が
ビリビリしびれてしまうこともあります。

 

肋骨周辺にしびれが発生したり、
顔にしびれが発生することもあります。

 

どこの部分も靭帯損傷と関係あります。

 

 

首周辺の靭帯を損傷すれば、
頭や顔に神経痛を引き起こします。

 

鎖骨や胸の靭帯を損傷すると、
上半身や肋骨に神経痛が起こります。

 

肩や肘の靭帯であれば、
そのまま指先までしびれが出たり、
足なら足全体にしびれが出てしまいます。

 

 

関節のすぐ近くには
血管や神経が通過しているので、
ダメージが加わってしまうことがあります。

 

また、靭帯損傷が発生すると、
靭帯や筋肉がパンパンに腫れ上がって、
近くを通過している神経が圧迫されます。

 

こうして神経痛が発生します。

 

 

神経痛が発生している段階で、
症状が広がっていることを示しています。

 

強い症状が出ている状態なので、
しっかりとした治療を受けることをオススメします。

 

神経痛は、とても残りやすい症状で、
回復にも時間がかかる事もあるので、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ