靭帯損傷は、筋肉痛と関係ありますか?

靭帯損傷は、筋肉痛と関係ありますか?

靭帯損傷は、筋肉痛と関係ありますか?

 

靭帯損傷の症状が拡大すると、
筋肉痛が発生します。

 

靭帯損傷している関節周辺だけでなく、
まったく関係ない部分に筋肉痛が発生して、
動きにくくなることがありますよ。

 

 

損傷した靭帯のすぐ近くには、
必ずと言っていいほど筋肉が通過しています。

 

靭帯にダメージを受けてしまうと、
靭帯から痛みの成分が放出されます。

 

痛みの成分が筋肉に伝わると、
筋肉痛のような痛みが出てきてしまい、
とても嫌な症状になっていきます。

 

 

また靭帯損傷した部分をかばって、
変な動き方をしていると、
別の部分に筋肉痛が発生します。

 

代償運動(だいしょううんどう)という、
医学で多く見られる動きです。

 

代償運動が発生すると、
普段とはまったく異なる動きになるので、
筋肉痛が激しく発生することがありますよ。

 

普段、使用しない筋肉に負担が入るので、
かなり痛みが強くなることもあります。

 

 

どちらのケースも、
靭帯部分に原因があるので、
まずは靭帯損傷を回復させることが重要となります。

 

靭帯に対してしっかり治療を行っていけば、
筋肉痛は自然に軽減されます。

 

遠く離れた部分の筋肉痛が残りやすいので、
そちらは別に治療を行うと改善されますよ。

靭帯損傷でお困りの方へ