靭帯損傷は、関節ねずみが発生しますか?

靭帯損傷は、関節ねずみが発生しますか?

靭帯損傷は、関節ねずみが発生しますか?

 

靭帯損傷によって
関節ねずみが発生することがありますよ。

 

あまり多くは見られない症状ですが、
関節内部で靭帯が骨を引っ張ってしまい、
骨片ができると関節ねずみになってしまいます。

 

 

もともとは、変形性関節症の方が、
骨が分離して関節内部で移動し続けてしまう、
とてつもないダメージの症状です。

 

でも靭帯損傷でも、
発生する事はあります。

 

僕の患者さんでは、
膝の靭帯にダメージを負った方が、
同時に関節ねずみになっていましたね。

 

接骨院や治療院では治療不可能なので、
病院で手術を行う必要があります。

 

 

関節ねずみが発生したら、
間違いなく手術が必要です。

 

動くたびに関節内部で骨が移動して、
関節内部をグシャグシャにしていきます。

 

単純に変形するような怪我ではなくて、
関節内部をナイフが指し続けているような、
非常に重篤な症状に移行します。

 

動いているうちに、
勝手に関節が破壊されて行きます。

 

 

強烈なダメージのものですから、
病院の先生の言うとおりにしてくださいね。

 

稀に「接骨院でも治りますか??」と
電話で質問されることがありますが、
関節ねずみは無理ですね。

 

骨片を取り除くことが、
唯一の治療になりますので、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ