靭帯損傷は、ボキボキと関節が鳴りますか?

靭帯損傷は、ボキボキと関節が鳴りますか?

靭帯損傷は、ボキボキと関節が鳴りますか?

 

靭帯損傷の回復段階において、
ボキボキと関節が鳴ることがあります。

 

関節が鳴っている時点で、
スムーズには動かせていない状態です。

 

 

靭帯が固まってしまっていたり、
靭帯にくっついている筋肉にダメージが入り、
強烈な負担になっている可能性があります。

 

関節の間が狭くなってしまっていて、
動きが不自由になっていることが多いです。

 

関節の間には空間がありますが、
筋肉が関節を引っ張りすぎると、
空間が狭くなります。

 

狭くなった状態で動かすと、
ボキボキと音がなります。

 

 

靭帯損傷で悪化しているというより、
靭帯周辺の筋肉が悪化している可能性があります。

 

肉離れになっている可能性もあるし、
その他の重篤な症状に移行している可能性があります。

 

あまり発生しない症状ですから、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

 

関節が鳴ることは特に問題ありませんが、
放置するのは避けた方がいいですね。

 

変形性関節症の原因となりますし、
痛みが慢性化するきっかけにもなるので、
早めに治療されたほうが良いと思います。

 

 

また、ボキボキと音が鳴るからといって、
強引に鳴らすことも避けてくださいね。

 

気になって鳴らし続ける患者さんがいますが、
悪化する可能性が高くなります。

 

ご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ