靭帯損傷と、発熱は関係ありますか?

靭帯損傷と、発熱は関係ありますか?

靭帯損傷と、発熱は関係ありますか?

 

靭帯損傷の症状が激しすぎると、
発熱することがありますよ。

 

どのタイプの怪我であっても、
発熱が発生する可能性はあります。

 

中でも、靭帯損傷はダメージが大きいので、
突然、熱が出ることがありますよ。

 

 

負担が大きすぎると、
免疫機能が動き始めて
いきなり発熱するようになります。

 

また、回復させるメカニズムにストレスがあったり、
自律神経系がコントロール不能になった時にも、
発熱する事がありますよ。

 

 

強烈なダメージを表している症状ですから、
治療を受けることをオススメします。

 

医療機関を受診して、
お薬などをもらって症状を回復させ、
痛みを取り除いていくことが重要になります。

 

発熱している時点で、
回復能力が低下するので、
熱を下げる薬を処方してもらってください。

 

 

また気をつけなければならないのが、
発熱した直後は、筋肉が固まりやすくなっています。

 

筋肉が固めれば固まるほど、
靭帯を引っ張るようになり、
靭帯損傷が回復しにくくなります。

 

痛みを軽減させるためにも、
筋肉の硬さを回復させる必要があります。

 

発熱してしまった場合には、
筋肉の治療を受けるようにしてくださいね。

 

治りにくくなってしまいますから、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ