靭帯損傷と、朝のこわばりは関係ありますか?

靭帯損傷と、朝のこわばりは関係ありますか?

靭帯損傷と、朝のこわばりは関係ありますか?

 

靭帯損傷の症状のひとつに、
こわばりがありますよ。

 

朝起きた時にこわばることもありますし、
チョット動き出そうとした時に、
こわばることもあります。

 

 

怪我をした部分は固まりやすくなるので、
どうしてもこわばりが発生しやすいです。

 

気になる症状ではありますが、
あまり気にする必要はありませんね。

 

生理現象のひとつのような感じで、
症状が出てきてしまいます。

 

 

ただし、注意しなければならないのが、
全身のこわばり、もしくは指先のこわばりです。

 

 

靭帯損傷した部分以外の箇所に、
突然こわばりが発生するようになったら、
医療機関を受診してくださいね。

 

特に、手の指先です。

 

この部分にこわばりが出てきた場合には、
慢性関節リウマチの可能性があります。

 

とても嫌な病気ですし、
早期発見・早期治療が必要な病気なので、
早めに医療機関を受診してください。

 

 

原因不明で、突然発生することがあり、
突如、症状が現れることがあります。

 

怪我をしたのと同時期に発生して、
わかりづらい症状を出すことがあります。

 

意味の分からないこわばりが出てきたら、
直ぐに病院を受診してくださいね。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ