靭帯損傷は、スキーやスノーボードで発生しますか?

靭帯損傷は、スキーやスノーボードで発生しますか?

靭帯損傷は、スキーやスノーボードで発生しますか?

 

靭帯損傷は、スキーで発生しますね。

 

スキーの場合は、がっちり下半身を固定されるので、
下半身の靭帯損傷が起こりやすいです。

 

患者さんの多くが、
膝か足首の靭帯損傷で
来院されていますよ。

 

大きな怪我になってしまう場合が多いので、
手術が必要になることが多いです。

 

接骨院でも治療は可能ですが、
整形外科の治療範囲になる事が多いです。

 

特に、靭帯断裂になった場合には、
接骨院では治療不可能ですから、
病院で手術を受けてくださいね。

 

 

手術をしない方法もありますが、
おそらく二度とスキーやスノーボードを
行うことができなくなる体になってしまいます。

 

靭帯再建手術など、
関節の手術が必要です。

 

 

また、ちょっと伸ばした程度の怪我でも、
スキーやスノーボードの場合には、
強烈な怪我になっていることが多いです。

 

がっちり固定された状態で、
転倒してしまうことが多いので、
負担が大きすぎるんですよね。

 

軽めの靭帯損傷であれば、
接骨院でも治療は可能です。

 

また、手術後の治療も
接骨院で治療は可能になります。

 

 

まずは整形外科でしっかりと治して、
その後、どうするかはご自身で決めてくださいね。

 

手術が得意でも、リハビリが不得意な
整形外科も実際に存在していますので、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ