靭帯損傷に、インナーマッスルは関係ありますか?

靭帯損傷に、インナーマッスルは関係ありますか?

靭帯損傷に、インナーマッスルは関係ありますか?

 

靭帯損傷の回復に対して、
インナーマッスルは重要です。

 

靭帯損傷が起こっている時点で、
インナーマッスルも同時に損傷しているので、
両方共回復させる必要がありますよ。

 

 

身体には、大きく分けると、
二種類の筋肉が存在しています。

 

体を大きく動かす「アウターマッスル」、
関節を固定する「インナーマッスル」、
この二種類が存在します。

 

大きな関節であれば、
ほぼこの二種類が存在します。

 

大きな関節ほど靭帯損傷を起こしやすいので、
インナーマッスルにダメージが入ります。

 

 

インナーマッスルにダメージが入ると、
関節をうまく固定できなくなります。

 

関節の固定がうまくいかなければ、
靭帯にも負担が入るようになってしまい、
最悪のスパイラルが発生します。

 

インナーマッスルのダメージが、
靭帯のダメージ拡大につながり、

 

靭帯のダメージが、
インナーマッスルに負担を与え、
強い症状を引き起こすようになります。

 

 

靭帯周辺にインナーマッスルは存在しているので、
こちらもしっかりと治療する必要があります。

 

なかなか改善されない患者さんほど、
筋肉の治療がうまく行われておらず、
症状が出続ける事が多いです。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ