靭帯損傷と、運動不足は関係ありますか?

靭帯損傷と、運動不足は関係ありますか?

靭帯損傷と、運動不足は関係ありますか?

 

靭帯損傷は、
運動不足の方に起こります。

 

本来は、激しいスポーツを行っている方に
起こりやすい怪我だと思います。

 

でも、運動不足の方が
急激に運動を開始することで、
一気に靭帯損傷が起こる場合があります。

 

 

運動不足の方が、最も低下しているのが、
神経の能力なんですね。

 

自分自身が、どんな姿勢になっているのか、
どんな体勢で動かしているのかといった、
体の認知能力が急激に低下しています。

 

足をつまづきやすくなった方は、
間違いなくこの能力が低下しています。

 

体の動かし方が、
昔とは異なる感じになっているんです。

 

 

昔のように動けていると思っても、
実際には、全く別の動きになっています。

 

脳や神経で感じている身体の動きと、
実際に動かしている動きに、
差が出てきてしまうんですね。

 

この差が大きければ大きいほど、
体に負担が入るようになり、
靭帯損傷が発生しやすくなります。

 

 

もし運動不足だと実感している場合は、
神経をコントロールするトレーニングが必要です。

 

ストレッチで神経に刺激を加えたり、
バランストレーニングも必要です。

 

目をつぶった状態で、
片足で立ち続けるといった
バランストレーニングも重要です。

 

こうしたトレーニングを行わないと、
間違いなく怪我をしやすくなりますよ。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ