靭帯損傷は、運動は休んだほういいですか?

靭帯損傷は、運動は休んだほういいですか?

靭帯損傷は、運動は休んだほういいですか?

 

靭帯損傷になってしまった場合、
運動は休むようにしてください。

 

靭帯損傷が発生している時点で、
動かしてしまうと、
さらに靭帯にダメージが入ります。

 

靭帯が引き伸ばされるようになり、
強烈な負担が入るようになりますよ。

 

動かせば動かすほど、
靭帯が引き伸ばされてしまい、
強い症状へと移行していきますね。

 

 

ちょっとした靭帯損傷であったとしても、
運動し続けていると慢性化する事があります。

 

運動することが原因となって、
慢性化が進むようになります。

 

そもそもスポーツは、
関節や筋肉に対して負担が大きく、
強い痛みが出るようになりますよ。

 

もし運動を行う場合には、
サポーターでがっちり固定してください。

 

テーピングで固定してもいいですが、
サポーターのほうが便利だと思います。

 

テーピングで固定した上に、
サポーターでさらに固定すると、
痛みなく運動できると思います。

 

 

ただし、最初に書いたとおり、
靭帯に強烈な負担が加わりますので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

プロスポーツ選手の方の中には、
スポーツし過ぎることによって、
靭帯が擦りきれている方も多いです。

 

皆さん、サポーターを利用しているので、
一般のかたも利用してくださいね。

 

お客さんの前ではサポーターをしていなくても、
見えないところで使用している選手が多いです。

靭帯損傷でお困りの方へ