靭帯損傷のとき、お酒・アルコールは飲んでもいいですか?

靭帯損傷のとき、お酒・アルコールは飲んでもいいですか?

靭帯損傷のとき、お酒・アルコールは飲んでもいいですか?

 

靭帯損傷になってしまった時、
お酒やアルコールは避けたほうがいいですよ。

 

僕自身、お酒が大好きですから、
外に飲みに行った時には、
結構な量のお酒を飲みます。

 

7件連続でハシゴすることもあるくらい、
外でお酒を呑むことは好きですね。

 

ですから、お酒好きの方の気持ちは、
十分に理解できています。

 

 

お酒を飲むことによって、
患部には痛みを感じる成分が集まってきます。

 

正確には、カラダ全体に
痛みを感じる成分が分散されます。

 

アルコールが肝臓で分解されたとき、
有害な物質が誕生します。

 

二日酔いや頭痛の原因になる成分ですが、
もともと痛みが出ている部分に近づくと、
激痛を引き起こすようになるんですね。

 

 

靭帯損傷している部分に近づけば、
靭帯に激痛が発生します。

 

腰痛が発生している部分に近づけば、
腰痛が激痛へと移行していきます。

 

アルコールを飲み過ぎることによって、
身体に弊害が起こってしまいます。

 

内蔵に近づいてしまえば、
癌などの原因となりますから、
十分に注意する必要があります。

 

 

お酒好きにとっては、厄介な悩みですが、
怪我をしている時には避けてくださいね。

 

気をつけなければ、
いつまでも症状が出続けます。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ