靭帯損傷に、ピップエレキバンは有効ですか?

靭帯損傷に、ピップエレキバンは有効ですか?

靭帯損傷に、ピップエレキバンは有効ですか?

 

靭帯損傷に対して、
ピップエレキバンは有効ですよ。

 

ただし、靭帯損傷そのものではなく、
靭帯周辺の筋肉に対して使用してください。

 

 

靭帯を回復させるためには、
靭帯に血行を促すことが必要です。

 

でも、靭帯にはそもそも血管が少なく、
血液の流入が他の部分よりも少ないです。

 

血流を改善しようと思っても、
血管の数が少ないですから、
血液の流入が少ない部分なんです。

 

マッサージしたり温めると、
血液の流入は上がります。

 

 

ピップエレキバンを使用することでも、
血流促進効果をもたらすことはできます。

 

でも、ピップエレキバンのような、
磁力を活用したタイプの治療道具は、
筋肉に対して有効性が高いんですね。

 

関節系の怪我ではなく、
筋肉に対して有効性が高い道具です。

 

だから、靭帯周辺の筋肉に対して貼り付けて、
筋肉の血行を回復させると効果的です。

 

 

筋肉に血液を集めていくと、
自然に周辺の靭帯にも血流が促され、
症状は改善されやすくなります。

 

直接、靭帯や関節に貼り付けるのではなく、
筋肉に使用すると効果的だと思います。

 

痛みが強く出ている患者さんほど、
筋肉に対して使用していけば、
効果を実感できると思います。

 

使用する部分に対しては、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ