靭帯損傷に、キネシオテーピングは有効ですか?

靭帯損傷に、キネシオテーピングは有効ですか?

靭帯損傷に、キネシオテーピングは有効ですか?

 

靭帯損傷に対して、
キネシオテーピングは有効です。

 

ただし、基本的な動きの制限は、
キネシオテーピングでは不十分ですから、
ホワイトテープかサポーターで固定してください。

 

キネシオテープは、関節を動かしながら
固定が必要な場合に行うタイプのものです。

 

スポーツを行っている方が、
動きを制限しながらスポーツを行うときに、
キネシオテープが利用されますよ。

 

 

がっちり固定することも可能ですが、
基本的には、動きのある固定を行います。

 

筋肉の代わりになるテープですから、
負担を抑えるのに適しています。

 

初期の回復過程で使用するのは、
キネシオテープではなくて、
ホワイトテープのほうが多いですね。

 

症状に応じて使用するグッズは変化しますし、
テーピングの種類も変化していきます。

 

 

決して悪いテーピングではありませんが、
靭帯損傷に対しては利用が少ないですね。

 

ちょっとした靭帯損傷であれば、
サポーターのほうが有効性は高いですし、
断裂系の怪我であれば、ギプスが必要です。

 

日常生活で回復させるのであれば、
間違いなくサポーターのほうが上です。

 

一般の患者さんに対しては、
キネシオテープではなくて、
サポーターをおすすめしています。

靭帯損傷でお困りの方へ