靭帯損傷で、内視鏡手術を行うことはありますか?

靭帯損傷で、内視鏡手術を行うことはありますか?

靭帯損傷で、内視鏡手術を行うことはありますか?

 

靭帯損傷に対して
内視鏡手術を行うことがありますよ。

 

膝の靭帯は関節内部に存在しているので、
内視鏡を使用して手術されることもあります。

 

他の部分に対しては、
内視鏡ではなくて一般的な
手術が行われることが多いです。

 

膝の関節は、一般的な手術よりも、
内視鏡で行われる事が多いですね。

 

 

膝の関節には、十字靭帯と呼ばれる
二本の太い靭帯が存在しています。

 

スポーツによる怪我で
断裂することの多い部分です

 

十字靭帯が断裂した場合には、
内視鏡手術で治療されます。

 

以前は、バッサリと切って手術していたので、
回復までに一年以上かかることもありましたが、
内視鏡手術では半年で復帰できる方もいます。

 

 

内視鏡手術は、体に負担をかけにくく
後遺症を起こしにくい手術法です。

 

内視鏡手術を行うことができる部分であるなら、
こちらを選択したほうが良いと思います。

 

手術の方式一つで、
症状が大きく変化するので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

手術後のリハビリ期間も、
内視鏡手術のほうが短いですから、
よりスピーディに改善できますよ。

 

整形外科の先生としっかり相談して、
適切な手術を受けてくださいね。

靭帯損傷でお困りの方へ