靭帯損傷は、労災適応となりますか?

靭帯損傷は、労災適応となりますか?

靭帯損傷は、労災適応となりますか?

 

靭帯損傷のすべてが
労災適応になるわけではありません。

 

労働の中で発生した怪我であれば、
労災適応になりますよ。

 

労働時間内での怪我、
もしくは通勤時の怪我に対して、
労災保険が適応されます。

 

靭帯損傷になっている時点で、
間違いなく怪我になっていますから、
労災保険は適応になりますよ。

 

 

通勤中の怪我というのもポイントで、
例えば交通事故になってしまったり、
捻挫で怪我をした場合、労災適応となります。

 

出勤時から帰宅時までが労働ですから、
そこまでが労災保険適応です。

 

ただし、保険に会社が加入して、
使用できる状態でなければ、
労災保険は使用することはできません。

 

 

個人事業主の方であったり、
そもそも労災に入っていない会社の方は、
労災保険を使用することはできないので
ご注意いただきたいと思います。

 

 

接骨院の会議が年に数回あるのですが、
そのときに労基署の方とも会議を行います。

 

労基署の方は、労災保険の使用を
促してくれているのですが、
会社側がストップしている例が多いようです。

 

会社で発生した怪我に対しては、
労災を使うようにしてくださいね。

 

労働者の方にかせられている、
権利の一つですから利用してください。

靭帯損傷でお困りの方へ