靭帯損傷で、後遺症はどのようなものがありますか?

靭帯損傷で、後遺症はどのようなものがありますか?

靭帯損傷で、後遺症はどのようなものがありますか?

 

靭帯損傷の後遺症で、
最も多いのが関節の変形です。

 

一発の靭帯損傷ではあまり起こりませんが、
何度も繰り返して靭帯損傷を起こしていると、
関節が変形することがあります。

 

変形性関節症と呼ばれる症状で、
全身の関節、どの部分にも起こります。

 

この状態になってしまうと、
さまざまな症状が出てきてしまいます。

 

 

動かすことも困難になりますし、
何もしていのに痛くなることもあるし、
寒くなるとズキズキ痛むこともあります。

 

手術が必要になる物もありますし、
薬やサプリメントでどうにかなるものもあります。

 

状態のレベルによって症状は変化しますが、
治療院や接骨院では治療不可能です。

 

変形してしまっている状態なので、
マッサージなどを行なったとしても、
改善することは難しいですね。

 

 

ただし、患部に負担をかけないようにする、
カイロなどのテクニックは使用できます。

 

靭帯損傷になっている場合、
体のバランスは崩れています。

 

バランスが崩れたままだと、
怪我が治っても再発することがあるので、
バランスを整えることで予防することができます。

 

何も治療しないでいると、
かなりの確率で後遺症が残りますので、
十分にご注意いただきたいと思います。

靭帯損傷でお困りの方へ